2013年01月17日

調弦の一方法

調弦の仕方

基本 5弦からすべての各弦を合わせること。

方法 どう調弦すればよいか?→2本の弦で同じ音(完全1度)が出ればよい。またはオクターブ上か下か(完全8度)でも判断できる。耳のよい方なら完全5度も聞き分けられます。
(うなりは判断できるという前提です。合った状態がわからないというのは調弦以前の問題ですから。)

制約!調弦するのにペグを巻かなければならない→左手が自由でいたい。

実際 
   5弦と1弦 制約の下に同じ音(オクターブも含む)が出るか?1弦は開放弦で左手が自由。では5弦で左手が自由で「ミ」が出ればよい。7フレットが「ミ」だが、押さえて出しても、ペグを回すときは左手は離してしまい「ミ」がなくなる。左手を離しても「ミ」が鳴っている方法は?「ハーモニクス」です。(5弦の7フレットのハーモニクス音は「ミ」です)
   よって @5弦7フレットのハーモニクス音と1弦の開放弦を合わせる

   5弦と2弦 5弦は「ラ」、2弦は「シ」。2度離れた音はハーモニクスは出ない。そこで、左手は完全には自由にはならない、とあきらめて方法を探す。5弦か2弦かどちらかが開放弦またはハーモニクスにする。
       A5弦の7フレットのハーモニクス「ミ」と2弦の5フレット「ミ」を合わせる。この響きが耳に残っている内に、左手を離してペグを調整する。これも一度では合わないので何度もやることになります。
       A’5弦の2フレット「シ」と2弦の開放弦を鳴らす。この響きが耳に残っている内に、左手を離してペグを調整する。これは一度では合わないので何度もやることになります。
 (耳のよい人なら5弦の「ミ」(ハーモニクス)と2弦の開放弦「シ」は『完全5度』なので、合わせることができると思います。そうすれば左手は自由です。)

   5弦と3弦 5弦は「ラ」、3弦は「ソ」。2度離れた音はハーモニクスは出ない。そこで、左手は完全には自由にはならない、とあきらめて方法を探す。5弦か3弦かどちらかが開放弦またはハーモニクスにする。まず実音は
       B3弦の2フレット「ラ」と5弦の開放弦(または12フレットのハーモニクス)を鳴らす。この響きが耳に残っている内に、左手を離してペグを調整する。これは一度では合わないので何度もやることになります。
 (耳のよい人なら5弦の「ラ」(または12フレットハーモニクス)と3弦の7フレットハーモニクス「レ」は『完全4度』なので、合わせることができるかもしれません。そうすれば左手は自由です。)

   5弦と4弦 
       C5弦5フレットのハモニクス「ラ」と4弦7フレットのハーモニクス「ラ」を合わせる。

   5弦と6弦 
       D6弦5フレットのハモニクス「ミ」と5弦7フレットのハーモニクス「ミ」を合わせる。

  以上!

 これで合ったか、というとなかなかそうはいかないのです。試しにコード「E」をじゃらんと弾くと、かなり唸るのではないでしょうか?@弦がうわずって聞こえるとか、B弦がいやだなあとか…。

4種類の原因があります。
  1.合わせたつもりが、合っていなかった時。で、もう一度調弦を確かめます。このとき「どの弦」が気持ち悪いか判っていればそこを入念に調弦します。そして、違う方法で確かめます。たとえば4弦の7フレットハーモニクスと1弦5フレットの実音。3弦の解放弦(またはKフレットハーモニクス)と1弦の3フレット。6弦の7フレットハーモニクスと2弦解放弦。4弦の開放弦(12フレットハーモニクス)と2弦3フレット。
  2.弦そのものが不完全であること。工場で作るもので「完璧に均質」ということはないでしょう。これは私たちにはどうしようもありません。その弦をあきらめるか、妥協するか…。
  3.ギターのフレッチングが狂っていたとき。これも仕方ないのですが、今のギターではそれほどの狂いはないと信じます。
  4.完全に合わせても和音はきれいには響かない!これは音の性質ですので仕方ありません。どの辺で「妥協」するか…です。


 ここでどこいら辺が「いや」なのか判ればいいのですけれど…。そうすればその弦を集中的に合わせることができますからね。
 普段からきれいな和音の響きを気にしましょう。

 和音がきれいに響くシステムは「純正律」です。フレットを押さえて出る音は「平均律」です。純正律と平均律では、「ラ(=440Hz)」を同じにしたとき、シ・ド・レ・ミ・ファ・ソの音全部相違してます。たとえば、ラの完全五度上の「ミ」の音は、純正律で「660Hz」、平均律で「659.255Hz」です(理屈はまた後で)。
 ハーモニクスは「純正律」で鳴りますので7フレットのハーモニクスは「660Hz」、7フレットの「実音ミ(659.255Hz)」とは違う音です。どの弦でもそうなります。

 うなりは振動数の差です。660Hzの音と658Hzの音を同時にならすと、「1秒間に2回]唸ります。1Hzの差(660Hzと659Hz)ですと「1秒間に1回」です。0.75Hz(660Hzと659.255Hz)ですと「1秒間に0.755回」つまり一回のうなりに1.32秒かかる訳です。この位ですと聞き分けられると思います。これが2セントの差です。
 ただし、どちらが「高いか」「低いか」は判別できません。「合っていない」のが分かるだけです。
posted by そめ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2013年01月10日

チューニングメーターの功罪

この頃チューニングメーターで調弦する人が多くなりました。
基準のA音はいいでしょう。しかし、「全部の弦をメーターで見て合わせて」いきなり曲を弾き出しちゃうんですよね。危惧したとおり狂った音で…。本人は合っているつもり
ですので、微調整する気もない。とんでもなく外れるわけではないので、昔よりはましなのかなぁ?
 「メータを見て合わせる」って、とても恐ろしくてできません。調弦している最中にちらちら見たりはしますがね。もっと耳を信じましょう。
 それで、ハーモニクスを使った調弦をすると「いつもかっこいいと思っているんですけど、どうやるんですか?」などと聞かれる。
 本来、ギターの調弦は平均律とか、純正律とかやっかいな問題があるので、完璧(って言っても、何をもって完璧というか)には調弦できないのです。全部実音で調弦しても、弾く曲の
調によって和音の濁り方が違うし、どの辺で妥協するか、なのですがね。そう説明しても分からないだろうなぁ。

 と今回も愚痴でした。

昔のGGに調弦方が載っていましたね。録音を聞いてでしょうね、「イエペスはこういう調弦だ。」とか書かれていましたね。復習しよう。

posted by そめ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター