2013年04月08日

アボイド・ノート?

アボイド・ノート

 昔からよく分からないものでした。PC-VAN時代から疑問だったのですから(1992年くらい)、かれこれ20年くらい分からないままでした。大して実際の編曲には影響はなかったのでしょうが、いつも気になっていました。
 先日(ヤフオクで)買ったコード関連の本で、北川祐さんの三部作「絶対わかる!コード理論」シリーズがあるのです。
「基本はドレミファソラシド」        Chord Theory No1.jpg


「コ−ド進行の基礎と音階和音のすべて」Chord Theory No2.jpg


「合い言葉は“ソシレファからドミソへ”」   Chord Theory No3.jpg
の3冊。
最初第2巻目の「音階和音のすべて」を買って勉強しました。順調に読み進みましたが、最後の方に「チャーチ・モード」と「テンション」があります。これが苦手なのです。その中で、『1巻目に基礎は説明してある』ような記事があったので、1巻目を買いました。最初はたしかに基礎ですね。まあ復習だ。ところがこの1巻目の最後での「テンション」は、自分の中で漠然としていたので、ここで勉強しようという気になりました。ただいま勉強中ですが、だいぶ判ってきました。

 で、アボイド・ノートのことですが、2巻目で、チャーチ・モードとテンションの関係からアボイド・ノートを導き出されていました。なあるほど!でした。『でした』と言うほど身についたわけではありませんが、アボイド・ノートを丸暗記するより、ずーっといい!
感激して、第3巻目も買いましたが、これは借用和音が主な話のようです。

いくつになっても勉強ですねぇ。


posted by そめ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2013年04月03日

寺内園生さんの作品

 10年位前から、「寺内園生」さんの作品が現代ギターの楽譜に掲載され始めました。新作好きの私としては早速飛びついて弾き始めたわけです。ギターを弾かれない作曲の方なので、やはり弾きづらい…。しかしその暖かい、昔を思い起こさせるようなやさしい気持ちになれる作品達は大好きでした。その響きも、ギター弾きの作曲家さん達が作る物とは違っています。「曲を弾いているんだなぁ。」という気持ちにさせてくれます。ギター弾き作曲家さん達の作品はどうしても「ギターを弾いているんだなぁ。」の気持ちになることが多い。「エレジー」をかなり練習しましたが、ミスなく弾き通すことは難しかった。
 そして2年位前に、若手の松尾俊介さんの指使いが施された寺内さんの作品集「そよ風のメロディー」が出版されました。早速購入です。やあ。これなら弾けるぞ(弾ける曲が多い)!
そして、2013年4月2日、アンダルーサのソロ発表会の時に三曲ほど披露させていただきました。「そよ風のメロディー」「セピア色のパレット」「哀しみの歌」です。これからも機会があれば寺内作品を広めてゆきたいと思います。

 追記:寺内園生さんは多分寺内昭先生の娘さんだと思われます。寺内先生は私の母校、成田高等学校の音楽の先生を務めていらっしゃた記憶があります(確かではありません)。成田に住んでいらっしゃいました。園生さんも多分成田生まれでしょう。成田市民歌も先生の作曲になる物です。県内の学校の校歌をかなり手がけていらっしゃっいます。千葉大学教育学部の音楽課の教授で、2003年永眠されました。
 園生さんには、二重三重(成田、寺内先生、ギター)に縁を感じています…私が勝手に、ですが。
posted by そめ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター