2013年06月21日

プレゼンテーション 現代の作品

「プレゼンテーション その40」 現代の作品

17日(月)東京文化会館小ホールで開かれた現代曲の演奏会に行ってきました。
現代音楽作曲家によるグループ「プレゼンテーション」の演奏会。
寺内園生さんから招待がありました。

心に響く曲が多く、とても楽しめました。特に佐藤岳晶さんの「萃点1 回生の山姥」と森山智宏さん 歌曲集「恋の主題による三つのデッサン」が面白かった。

故人の塚谷晃宏さんのピアノ作品は定石を築き上げてきた定石作品の感さえ有ります。立派な作品。

シュニトケのピアノ五重奏曲はもう完成されたものですね。一見影に見えるピアノが実は重要人物であったりする。

寺内さんの作品は松尾俊介さんが演奏しました。バラードはギターにとってかなりの技術の困難がともなっていそうだなあ。弾いてみたい一曲ではあります。クロネコは逆にギターの奏法を使った部分が有り、なかなか面白い。園生さんにしては激しい一面が見える作品だが、まあ、こちらがホントの園生さんで、現代ギターに載っているのは極く甘口の一面か?

9:20に終演して園生さんと少しのお話しか出来なかった。松尾俊介さんともお話などしたかった。9:40の電車に飛び乗って家に着くのが11:30。次の日に仕事がなければまだいいのだが…。しかし往復に疲れます。
posted by そめ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2013年06月19日

圓光寺ご本尊修復開眼供養コンサート

神崎町圓光寺は、音楽工房の一員である石原さんのお寺です。一昨年の地震の時にご本尊が倒れ破損したが、その修復がなって開眼供養の集まりでの演奏会です。後藤さんとの2重奏で「ジャニギター」「夜霧の忍び会い」「アマポーラ」「大きな古時計」「ビビディ・バビディ・ブー」「トップ・オブ・ザ・ワールド」「イエスタデイ」。私のソロで「六段全曲」、石原さんも加わって3重奏で「古賀メドレー 影を慕いて〜人生劇場〜酒は涙かため息か」。最後にみんなで「ふるさと」を歌う。アンコールの声が掛かり「大きな古時計」をもう一度。40分位の舞台でした。アンプは使いましたが、音も出てまあまあの演奏でした。
posted by そめ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2013年06月13日

演奏会「花の想いに寄せて」

6月9日に成田のユニバーサル美術館で、パンフラワーに囲まれ演奏してきました。11時からと1時からの2回廻し。花に関する曲を揃えました。

1.からたちの花
2.花の街
3.シクラメンのかほり
4.秋桜
5.世界で一つだけの花
6.エーデル・ワイス
7.ひまわり
9.四季の歌:みんなで歌いましょう
10.バラが咲いた:みんなで歌いましょう
11.すみれの花咲く頃
12.野バラ・メドレー
13.庭の千草
14.花は咲く:みんなで歌いましょう
15.花祭り

午前中は40人くらいで一杯、午後は20人くらいでした。やはり午後の方がうまく弾けました。

posted by そめ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター