2013年01月10日

チューニングメーターの功罪

この頃チューニングメーターで調弦する人が多くなりました。
基準のA音はいいでしょう。しかし、「全部の弦をメーターで見て合わせて」いきなり曲を弾き出しちゃうんですよね。危惧したとおり狂った音で…。本人は合っているつもり
ですので、微調整する気もない。とんでもなく外れるわけではないので、昔よりはましなのかなぁ?
 「メータを見て合わせる」って、とても恐ろしくてできません。調弦している最中にちらちら見たりはしますがね。もっと耳を信じましょう。
 それで、ハーモニクスを使った調弦をすると「いつもかっこいいと思っているんですけど、どうやるんですか?」などと聞かれる。
 本来、ギターの調弦は平均律とか、純正律とかやっかいな問題があるので、完璧(って言っても、何をもって完璧というか)には調弦できないのです。全部実音で調弦しても、弾く曲の
調によって和音の濁り方が違うし、どの辺で妥協するか、なのですがね。そう説明しても分からないだろうなぁ。

 と今回も愚痴でした。

昔のGGに調弦方が載っていましたね。録音を聞いてでしょうね、「イエペスはこういう調弦だ。」とか書かれていましたね。復習しよう。

posted by そめ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61364041

この記事へのトラックバック