2013年04月08日

アボイド・ノート?

アボイド・ノート

 昔からよく分からないものでした。PC-VAN時代から疑問だったのですから(1992年くらい)、かれこれ20年くらい分からないままでした。大して実際の編曲には影響はなかったのでしょうが、いつも気になっていました。
 先日(ヤフオクで)買ったコード関連の本で、北川祐さんの三部作「絶対わかる!コード理論」シリーズがあるのです。
「基本はドレミファソラシド」        Chord Theory No1.jpg


「コ−ド進行の基礎と音階和音のすべて」Chord Theory No2.jpg


「合い言葉は“ソシレファからドミソへ”」   Chord Theory No3.jpg
の3冊。
最初第2巻目の「音階和音のすべて」を買って勉強しました。順調に読み進みましたが、最後の方に「チャーチ・モード」と「テンション」があります。これが苦手なのです。その中で、『1巻目に基礎は説明してある』ような記事があったので、1巻目を買いました。最初はたしかに基礎ですね。まあ復習だ。ところがこの1巻目の最後での「テンション」は、自分の中で漠然としていたので、ここで勉強しようという気になりました。ただいま勉強中ですが、だいぶ判ってきました。

 で、アボイド・ノートのことですが、2巻目で、チャーチ・モードとテンションの関係からアボイド・ノートを導き出されていました。なあるほど!でした。『でした』と言うほど身についたわけではありませんが、アボイド・ノートを丸暗記するより、ずーっといい!
感激して、第3巻目も買いましたが、これは借用和音が主な話のようです。

いくつになっても勉強ですねぇ。


posted by そめ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64664050

この記事へのトラックバック