2016年02月08日

川村美術館主催 ピアノ演奏会

2015年12月12日(土)
 川村記念美術館へピアノの演奏会に行ってきました。ハスケル・スモールというアメリカの作曲家・ピアニストによる演奏会です。川村記念美術館には私の好きなロスコのシーグラム壁画があり、壁画シリーズの内7点が美術館所蔵品で、よく鑑賞しに行きます。スモールはこのロスコの絵に霊感を得て作曲したということで、その作品を今回演奏してくれました。演奏に先立ちコメントをいただけました。ご自分の作曲上で影響を受けたのはペルトとモンポウ!これまた私のご贔屓の作曲家達で、いやが上にこの作品に期待大。そして演奏。作品は素晴らしいものでした。4つの大きな部分に分かれて、激しい部分もあるのですが全体に静謐と言う言葉が似合います。演奏は荒ぶること無く冷静な熱情と言えます。これで前半の40分は終了。20分の休みを挟んで後半はシューベルトの遺作のソナタNo21Bbmajor D.960。シューベルト特有の息の長いフレーズを苦にせず長く弾きます。民族的な呼吸があるのだろうか。ともあれ、ピアニストのこの作品への共感十分な演奏で30分。今回の演奏会はこの2曲だけです。胸が一杯になりました。さて、アンコールはペルトの「エリサの為に」。静かな静かな音楽で、不覚にも涙が滲んでしまいました。とても豊かな時が過ごせたことに感謝します。
enosumika_concert_3_Page_1.jpgenosumika_concert_3_Page_2.jpg

posted by そめ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2013年07月19日

編曲要望曲が溜まってきました。

ギター合奏用に編曲して欲しい、と依頼された曲が溜まってしまいました。
・ひまわり  ・ラストダンスは私に  ・花は咲く
です。7日〜13日まで入院していたのですが、「ひまわり」「ラストダンス」の構想を練っていました。2曲ともワンコーラス分の構想は出来ました。「ラストダンス」は初〜中というので、2回繰り返して終わりにしようか…、とすると大体終わったも同じか。「ひまわり」は2コーラス目はアドリブ的なメロディーを作らねばならないなぁ。Youtubeで素敵な演奏が合ったのでパクろうか??「花は咲く」は何も考えていない、やばい。
あとSUGCのトレド向けにFinale入力をしなければならない物も3曲。
・哀愁のアダージオ  ・ジェラシー  ・ロシアより愛を込めて
前2曲はアンダルーサ用に入力した物があるので、最終版ということで、考え直そうと思う。「ロシア」はちょっと手こずりそう。
posted by そめ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2013年04月08日

アボイド・ノート?

アボイド・ノート

 昔からよく分からないものでした。PC-VAN時代から疑問だったのですから(1992年くらい)、かれこれ20年くらい分からないままでした。大して実際の編曲には影響はなかったのでしょうが、いつも気になっていました。
 先日(ヤフオクで)買ったコード関連の本で、北川祐さんの三部作「絶対わかる!コード理論」シリーズがあるのです。
「基本はドレミファソラシド」        Chord Theory No1.jpg


「コ−ド進行の基礎と音階和音のすべて」Chord Theory No2.jpg


「合い言葉は“ソシレファからドミソへ”」   Chord Theory No3.jpg
の3冊。
最初第2巻目の「音階和音のすべて」を買って勉強しました。順調に読み進みましたが、最後の方に「チャーチ・モード」と「テンション」があります。これが苦手なのです。その中で、『1巻目に基礎は説明してある』ような記事があったので、1巻目を買いました。最初はたしかに基礎ですね。まあ復習だ。ところがこの1巻目の最後での「テンション」は、自分の中で漠然としていたので、ここで勉強しようという気になりました。ただいま勉強中ですが、だいぶ判ってきました。

 で、アボイド・ノートのことですが、2巻目で、チャーチ・モードとテンションの関係からアボイド・ノートを導き出されていました。なあるほど!でした。『でした』と言うほど身についたわけではありませんが、アボイド・ノートを丸暗記するより、ずーっといい!
感激して、第3巻目も買いましたが、これは借用和音が主な話のようです。

いくつになっても勉強ですねぇ。


posted by そめ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2011年06月08日

アナログレコード

アナログ・レコードをCD化しようと思って、大分前にいい加減なラジオ・CD・カセット・LP総合プレーヤーを買ってありました。
で、先日「ロス・インディオス・タナハラス」のクラシックのLPを録音したのですが、音質が酷すぎました。サウンド編集ソフト(デジオンサウンド・エクスプレス)の方で、イコライザーで何とかしようとしましたが、元が元だけにどうしようもないです…。
安売りには気をつけよう!一応の物を買い直さなければ!

ただ、CD化しようと思っているアナログ盤はそれほど多くないので、あまりプレーヤーにお金を掛けたくない、という事情もあるのです。CDでプレスされ直した物は購入しましたので(PPMのレコードなど)。

う〜ん、悩ましい。

そめ
posted by そめ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2010年07月16日

成田市健康福祉館の母と子のふれあいタイム

成田市健康福祉館の母と子のふれあいタイム

ボランティアグループ「アミチ・アンダンテ」に所属しているのですが、7月8日に、成田市健康福祉館の「母と子のふれあいタイム」の催しでギターを弾いてきました。音楽鑑賞で、いつもはピアノだがたまには別の楽器ということで参加しました。若いお母さんたちと2歳くらいまでの子供たちで相手です。
前後のプログラムは、「お姉さんの歌に合わせて、母と子で一緒の動作をする」というものなので、子供たちは元気に走り回っている中で演奏です。備え付けのマイクで演奏しましたが、自分の音もよく聞こえない。また曲目が
 1.この道
 2.からたちの花
などと静かな曲を用意してしまったのでなおさら聞こえない(苦笑)。3曲目に「犬のおまわりさん」を弾いたら、これは聴いてくれて、一緒に歌って下さいました。4曲目はギタリストの長谷川郁夫さんの作曲になる「夕景」で終わりました。これは静かに聴いてくれて良かった。
それにしても、この頃桜井PCの限界が見えてきた感じが…。
posted by そめ at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2009年12月07日

岡田暁生著「音楽の聴き方」

「音楽の聴き方」岡田暁生著

2回読みました。なかなか奥深いのです。

特に心に残った所をひとつ書き出しましょう。

p-164 「これって私たちの中ではこんな風に位置づけるのが普通だよね。でもここはちょっと変わっているけれど、これもこんな風に考えればありかもしれないと私は思うよ。」とても平たく公式化するなら、私が考える音楽解釈の基本図式とはこなようなものだ。あくまで事実に基づき、かつ共同体規範を参照しつつ、その中から「私とっての/私だけの」意味を取りだして、そして他者の判断と共鳴を仰ぐ。これこそが音楽解釈の真骨頂である。

文中『共同体規範』については深く言及されていました。

私のようなアマチュアでも、音楽解釈は考えます。解釈するためには、楽典は最低の知識。和声学・対位法もやった方が良い。音楽史と形式は知らなければ演奏ができません。これらの全体を『共同体規範』と言ってらっしゃる気がします。
 そして、この考えを演奏に反映するために『テクニック』があるのです。テクニックが先にあるのではありません。
 そして、そして、その判断をするのは『自分の耳』です。いかに自分の出した音を聞いていないか…。自戒自戒。

posted by そめ at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽全般

2009年08月26日

最近読んだ音楽書

ふらっと入った書店で、良い本を見つけました。

1冊は吉本髢セさんの「日本語のゆくえ」。
これはもう一つの趣味である詩の本です。これは今回は関係ない。

もう1冊は岡田暁生さんの「音楽の聴き方」。
表紙の裏側に「音楽の聴き方は、誰に言われるまでもなく全く自由だ。しかし、誰かからの影響や何らかの傾向なしに聴くこともまた不可能である。それならば、自分はどんな聴き方をしているのかについて自覚的になってみようというのが、本書の狙いである。」とあります。これで買って読みました。
目次から「音楽を語る言葉を探す」:「語彙や語りのロジックが増えるほど、人はよりよく聴ける。」となかなか興味深い。確かにギターの生徒さんに音楽を聴いて貰い、その感想を求めると「すごく綺麗でした。」というような感想しか返ってこないことがあります。「どう綺麗だったの?」とか「どの部分が綺麗だったと思うの?」と聴くと、途端に言葉に詰まる…。そこまでしか鑑賞していないのだなぁ、と思う次第です。
一時期鑑賞曲を与えて、作曲者の時代、その同時代の作曲者の曲は?とか、演奏に使われている楽器は何だろう?『よかった』『綺麗』という言葉を使わずに感想を書いて下さい。と課題を与えたことがありました。実技のほうのレッスンに時間を取られたために、3〜4曲で自然消滅しましたが、この本を読んで、また再開してみようかな、と思い始めました。
また、社会との関連もかなり書かれています。アドルノの『音楽社会学序説』からかなり引かれて説を展開されています。これも面白い、『音楽社会学序説』も買って読んでみようと思います。

直接、自分の演奏が上手くなるとか、そういう本ではありませんが、知的に興奮させられます。
posted by そめ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年12月05日

第9演奏会

12/01 玉川大学第九演奏会

細君と二人で早々と第9の演奏会に行ってきました。

サントリー・ホールで、玉川大学管弦楽団、大友直人指揮。

この演奏会は今年で2回目です。去年は秋山和慶さんの指揮でした。

実は…ちょっとがっかり。オケは妙に冷めていて、乗らないのです。技術のないのがもろに出てしまった演奏でした。
第一楽章:背筋がぞくっと来るか…っと思って期待したのですが全然…。金管(特にホルン)の厚みが全然無い。
第二楽章:こちらは、曲の勢いで少しは助かる。
第三楽章:こんなに長かったんだっけ?という気分。
第四楽章:合唱はとても良い!特に男声が厚くて良い。その熱気が指揮者に伝わったのか、少しづつ乗ってきた。独唱4部はいつもより精彩を欠く。テナーの錦織さんは、去年はすばらしく通った声だったのが、今年は合唱にかき消せられてしまう(涙)。
演奏後の拍手で何度も指揮者・独唱者が舞台に呼ばれていましたが、決してそんな出来ではなかったのですぞ。

という事で、第四楽章の合唱に感動して帰ってきました。

posted by そめ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年11月20日

若い演奏者たち

コード進行?

 今日(11/20)の千葉日報に「ジャンル越えコラボ」と題して、美浜文化ホールでのイベントの記事が載っていました。
 「市芸術文化新人賞の受賞者7人が集い、ジャズ、クラシック、日本舞踊など多様なジャンルの芸術を融合させたイベント」と紹介されてありましたが、「バイオリン奏者、** ***さんは『クラシックしかやったことがないので、コード進行は分からない』と漏らしていたが…」で、ぎょっとしました。
 演奏ばっかりで、楽典・理論・コード進行などは勉強しないのかなあ?と危ぶまれます。私のような者でさえ、一応コード進行は勉強しましたがねぇ。
 これって、ヴァイオリンでもかまわないのですが、『旋律を弾くとき和音感を持っていない』ということになるのではないですか?!
posted by そめ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年04月16日

ザビア・クガートとペレス・プラード

ザビア・クガートとペレス・プラード

 両楽団ともラテン音楽の老舗ですね。近頃、両者のCDを手に入れて聴きましたので、その比較など。

<ザビア・クガート>
 こちらの方が、楽団の性能としては上かという気がします。聴いたCDではストリングも入り、割とシンフォニックな響きがしました。ラテンと言えばパーカッションですが、やはりいろいろ入っているのですが、そう目立つほどではない。

<ペレス・プラード>
 こちらは編曲も単純ですね。しかし、迫力満点です。パーカッションもこれぞ、というほど目立っています。かけ声「オレーッ!」「ウーッ!」も決まっています。楽器のソロが入りますがこちらの方が生き生きとしています。

まとまりで言えばザビア・クガート。迫力と、これぞラテンと言えばペレス・プラードですね。

私はペレス・プラードの方が好き(笑)。
posted by そめ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年02月25日

リズム練習の悩み

リズム練習:1拍目を意識しましょう

昨日もレッスンがありましたが、やはりリズム練習は「難しい!出来ない…」と言われます。

具体的には、
 1.音を出さない拍を、数え忘れる(?):「忘れる」という表現もどうかとは思うのですが、どうも数えていないようなのです。
 2.タイが問題:休符は何とか出来るようになったが、前の音とタイで繋がると、とたんに出来なくなる。4拍目の裏と1拍目の8分音符が体で繋がって、続いて8分音符3つ。と言うのが出来なかったりする。1拍目8分休符で「(ン)タ・タ・タ」と頭の音のない部分を意識して(ン)と言わせる(飲み込ませる)と出来るのです。まあこれは簡単。で、4拍目の裏から入ってタイでつなげると、もうできない「サ・ン・シ・タ・(ア)ー・タ・タ・タ」と言うことになるのですが、4拍目の裏がとれない。部分別に「サ・ン・シ・タ」だけ練習。OK。では次に続けて練習すると、もうとれない。4拍の裏から入れなくなっちゃうし、たまに入れると頭の1拍を意識していないので、8分音符3つも滅茶苦茶。

 ここがこなせないと次に進み意味がないので、何度も繰り返して、結局又来週までの宿題、となってしまうのです。そうすると『パターン』が身につかず、『この練習問題だけが出来る』という事になります。次の問題で同様な箇所が出てくると、私としては出来るはずだと思っているのですが、生徒さんにとっては全く別な問題なので、又同じようなところでつかえます…。どうしましょ…。1拍目を意識させる方法はないモノか?

posted by そめ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年02月13日

望郷のバラード

最近聴いたCDから

天満敦子さんのCDを聴きました。

「望郷のバラード(ピアノ伴奏版)」
曲目
望郷のバラード(ポルムベスク)
シャコンヌ ト短調(ヴィターリ)
愛の悲しみ(クライスラー)
トロイメライ(シューマン)
ルーマニア民俗舞曲(バルトーク/セーケイ編)
スペインのセレナード(シャミナド/クライスラー編)
アヴェ・マリア(バッハ,グノー)
アヴェ・マリア(シューベルト)
ロマンス第2番ヘ長調op.50(ベートーヴェン)
望郷のバラード(無伴奏)(ポルムベスク)

天満さんの「望郷のバラード」は、数年前某クラシック専門誌「カンパネラ」(某じゃないじゃん!)が創刊されて、1年間くらい購読していたのですが、その発刊記念のCDで聴いたのが初めてでした。その時も感動はありました。某(某ばっかり)サイトでクラシック・ギター用に編曲された楽譜を発見し、自分で弾けるように改編し、レパートリーにしました(一応です)。「ピアノ+Vn」の楽譜も手に入れて参考しました。

で、今回CDを入手して聴いてみました。その時の衝撃は言葉では言えない…。音色からして違う。けっして美音ではないのですが、魂の底から響いてくる音です。涙があふれてきます。
 悪く言えば古いスタイル(ビルトオーソという言葉がぴったり)の演奏です。弓圧がかなり強いと推察される音ですね。音程甘くなったり、テンポもピアノより先に飛び出したりしていますが、それも全て心からの演奏だからだと思います。確かにヴィターリのシャコンヌ(これシャコンヌでなくてパッサカリアではないだろうか?)などは時代様式などは無視していますが、説得力は抜群で、納得させられてしまいます。トロイメライなどは素直に弾いていて、ちょっと物足りないけど…(いや、トロイメライはそういう曲だって)。そして最後の無伴奏の「望郷のバラード」がこれまた1曲目をしのぐ名演です。もう一回涙が流れます。どなたかが、カザルスの「鳥の歌」に匹敵するとおっしゃっていましたが、成る程です。
最後になりましたが、ピアノの吉武雅子さん。これが上手い弾き手ですね。「やりたいことをやらせてあげるね。」って感じ。決して高慢な意味ではないのですよ。つかず離れず、自分がないわけではない、「上手い」弾き手ですよ。
posted by そめ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2008年02月06日

練習方法

下手になる練習方法

レストランなど、人前で弾くときに一番に注意する事は『途中で止まらない、弾き直ししない』という事です。
以前、つい弾き直ししてしまったら友人から「なんでやり直したの?そのまま演奏してればそんな編曲だと思うのに。」と言われた経験もあります。それからは余程のことがない限り弾き直ししません。

練習方法にも注意が必要です。練習中で「途中で間違ったら早速立ち止まり、弾き直す」ことをやっていると思いますが、これは『間違ったらすぐに弾き直す』という”悪い癖”を付けているようなモノです。「本番ではそんなことはしない。」と思っていても、それまでの練習で、脳の中では『間違った→弾き直す』という回路が組み立てられているのです。ですので、本番でもそういう体の動きをしてしまいます。

ではどうしたらいいか?弾けない部分はその部分が弾けるように、技術的に解消することが先決です。これは誰でもやっています。そして、曲を通しで弾いてみる。途中で間違える。ここが肝心!そのままフレーズの終わりまで弾き続ける、その場で立ち止まらないこと!そして何故弾けなかったかもう一度振り返ってみて、その対策を練る。と言うことが必要だと思います。2重奏などで、相方に「私が間違っても、決して止まらないで。」とお願いして練習するのも良いかもしれません。
聞く方は、「音の高さ」に対しては割と寛容です。しかし、「間違ったリズム(4拍子が4拍子でないというような基本的な部分のこと)」とか「止まってしまう」に関してはシビアです。「下手。」と烙印を押されます。

「初見に強くなる本」−−−−−
簡単に気絶してしまう癖のある人は、まずその治療から始めなければなりません。何でそう簡単にバッタリいくのか、原因の究明をしましょう。
 一つはふだんの習慣からくるのではないか、と思います。
 不用意に弾きだして、とまどったり、弾きそこなったりすると、安易に止めてしまう。そしてまた不用意に弾きはじめ、同じ事を繰り返す。
 これでは「習い性」とならぬほうがふしぎです。
 −中略−
 どもりの原因は、たいてい音の高さをまちがえると、弾き直さなければ気がすまない、という病気がほとんどです。高さを万一まちがえても、がまんして先を続ける習慣が必要です。
 弾きそこなった音だけを弾きなおしたら、それで気がすむ、といういいかげんさが、どもり病を作ります。
−−−−−−−−−−−−−−−
とあります。

今日はここまで。

PS 差別用語を使ってしまったようですが、原文にございましたので、ご勘弁下さい。
posted by そめ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2007年06月18日

リズム練習

リズムの練習

リズムだけを取りだし、基礎練習としてレッスンしています。単純化するために、右手で股を打ってテンポを取ります。そして口で、楽譜に書かれたリズムを歌って貰っています(タンとかターーンとか)。強拍だけを強く・高く歌って、それ以外は弱く・低く歌って貰うのですが、これが意外と出来ないのです。強拍以外の場所で強く・高くなったりします。初めの頃は、注意しても何を注意されたか分からない状態でした。これは拍子感覚が育っていないからなのでしょう。今は何を指摘されたかは分かっているのですが、体が勝手に反応して強拍以外の場所でも強く・高く歌ってしまう。
自分をコントロールして、自分の思ったところで強く・高くするのが一つの目的です。メロディーを弾くときに、指が勝手に反応して居たのでは音楽にならないでしょう?自分をコントロールできないといけない。
今はまだそんな状態ですが、ホントは「4拍子の曲は4拍子らしく」とか「休符の意味が体で分かって表現できる」ところまで持って行きたいのです。まあ、気長に行きましょう。
posted by そめ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2006年11月23日

練習などのこと

間違った練習

初心者によくあることですが、どこが問題なのか判らない(自分にもいえることだと思いますが…)ことです。だからその問題の部分を克服するはずの練習も違った方に向いてしまう。年齢がいってしまった方達(私を含めて)…或る本で「レイト・スターター」と表現していました…はそんなに時間を無駄遣いできなのですから、真の原因を早くつかんで、そのための練習をしなければいけません。
お題目はそのくらいにして、実例を一つあげてあとはご自分で一所懸命考えてください。
「三連符が早いです!」と注意したら”三連符”をゆっくり弾いて「これくらいでイイですか?」という…。違うんです。「三連符の練習をしろ。」とはいっていないのです。
 「タタタ」とか「タ・タ・タ」とか「タァタァタァ」とか、何度も弾いて確かめているのですがそうではないのです。
真実は、「3連符が早くて、”次の拍が早く出てしまう”」のがいけないのです。だったらそういえばいいのですが、その場ではやはり「三連符が早い」といってしまうでしょう(指導したことがある方は分かってくれるでしょう?)。
そこまで判れば練習は「タタタ・タン」と次の一拍目まで出して、それが遅いか早いかメトロノームで確かめるのです。

そんなのは当たり前だ…とおっしゃるのは相当上手な方だからこの記事は読まなくても結構(笑い)。これはわかりやすく書きましたが、上手な方でもうっかり”体育会系”の練習のワナに陥っているかもしれませんよ(私も…)。重大なのは「原因は何か!」を追求することです。

もう一つ簡単なのを上げます。或る部分でスケールがつかえた…よくあること…”おっと”とすぐに弾き直した経験はありませんか?そうするとたいてい弾けてしまうので気にもとめない…が通しで練習すると、なぜかぎごちなくなっている。よく見たら原因は”ポジション移動がまずかった”だった。でしたらその部分のスケールを練習するのではなく、ポジション移動がスムーズに行くか、運指で上手くないところがあるのか、フレージングはそれでいいのか…を考えて原因を追及すべきです。

レイト・スターターは今まで培った豊富な「知恵」を働かせましょう。
posted by そめ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般

2006年07月20日

現代音楽

現代音楽ギター曲について

 先日デュージャン・ボグダノビッチのCD「Warlds」を手に入れたので、聞いてみました。GGの書評などで、優秀なCDだと書かれていました。ジャズよりの音楽だとのことでしたが、私には十分に楽しめました。
 しかし、14−20の7曲はプリぺアード・ギター(解説書ではプリペードの表記。間違いだと思う)のための演奏で、正直分かりませんでした。プリペアード・ギターは佐々木忠先生の「遭遇」を聞いた事がありますが、それはそう違和感なく聞けたのですが。
 現代音楽はわりと好きで結構聞く方だと思います。ギターで言うと、ブローウェルの「永劫の螺旋」も技術があれば弾いてみたい曲です。「カンティクム」は何とか弾いています。今をときめくヨークはロマン音楽ですね。伊福部先生の「ギターのためのトッカータ」は体力が要りますが、良い曲です。山下和仁さんの奥さん、藤家渓子さんの作品も、山下さんの演奏で聞くと納得。ついでですが、山下さんの数あるCDのなかで、私の好きな一枚はテデスコの「ゴヤによる24のカプリチョス」です。鬼気迫る迫力です。武満はいいです。「すべては薄明の中に」をなんとか弾いてみたい。「エキノクス」がちょっと分からない方に入りかけてます。

 分からないほうの曲は、そうですね最近手に入れたCDで聞いたモリコーネの曲は分からなかったけれど、何度も聞けば心に入ってくるかと思います。ベリオはだめですね、きっと…。日本の作家の物も、ちょっと受け付けない物が多いです。


こう書くと私も前衛音楽だめじゃん!……。

続きはまた。
posted by そめ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般